月曜から土曜まで診療

歯科技工士常駐

〒506-0851 岐阜県高山市大新町2-34

TEL 0577-35-1648

当日予約可能です。急患随時対応中。

高山市大新町の一般歯科・小児歯科・矯正歯科の岡本歯科医院。歯科技工士が常駐、歯と自然になじむ仕上がり。エルビウムヤグレーザーを使用した痛みの少ない虫歯治療にも定評。

インプラント

EPARK歯科

インプラントについて

人の歯は、乳歯、永久歯と生え替わりますが、一度永久歯を失ってしまうと新しく生えてくることはありません。
もし、歯周病や事故などでその大切な永久歯を失ってしまったらどうしたらよいのでしょうか?
その問題を解決する方法として、従来では「入れ歯」「さし歯」が主流でしたが、現代では【インプラント】といわれる、抜本的な解決策があります。

このインプラントとは、顎の骨にチタン製の歯根を埋め込み、その土台に人口の歯冠を装着する方法です。
歯の最も重要な歯根部分から治療する方法ですので、入れ歯・さし歯のように経過とともにグラついたり、違和感がありません。しかも、見た目もご自分の歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりであるだけでなく、お手入れも毎日のように取り外して消毒したりする必要はありません。

インプラントはまさに画期的な根本治療なのです。

インプラントの素材

インプラントは、顎の骨に右の写真のようなチタン製の土台となるものを埋め入れします。

このようなものを人の身体に入れても大丈夫なのかご心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、チタンはとても親和性が高く、顎の骨に埋め入れしてからしばらくすると、周囲の骨と結合してご自身の身体の一部となります。そのうえ、金属アレルギーの心配もなく、現在では既に人工関節など、さまざまな医療分野で活躍している画期的な素材なのです。

しかも、当院で使用しているインプラント体は純チタンで最も歴史のあるITIストローマン社のものを使用しておりますので、より安心して治療をすることができます。

従来の治療方法との比較

インプラント

  • 装着感がない、自分の歯と同じ。
  • 見た目が自然。審美的に優れている。
  • 毎日の手入れが簡単。
  • 噛む力が強い。

入れ歯・さし歯

  • 装着感があり、経過とともにグラついたりする。
  • 金具が見えたり、不自然に見えるときがある。
  • 衛生管理をしっかりしなくてはならない。
  • 噛む力が弱い。

iCAT Landmark System

iCAT Landmark Systemとは大阪大学歯学部での研究成果を元に設立された株式会社アイキャット(iCAT)が開発した、診断から手術までをトータルにサポートする、最先端のインプラント治療支援システムです。

治療の流れ

1.i-CAT Landmark Systemを使用したCT撮影

従来のレントゲン撮影では正確に把握することが難しかった、顎の骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握するために、CT撮影を行います。撮影は数秒で痛みもありません。

CT撮影による被ばくについて
顎のCT撮影は被ばくを伴いますが、自然界に1年間に受ける被ばく量よりも小さく、確実で安全な治療のために非常に有効です。

2.診断・治療計画

撮影したCTデータを専用のシミュレーションソフトに取り込み、患者様毎の顎の骨の硬さや形、神経の位置などを詳細に確認しながら、インプラントの適切な埋入位置を診断します。
診断後にはソフトを用いて分かりやすく全体的なインプラントの治療計画をご説明しますので、充分にご納得頂いた上で治療を進めていくことが可能です。
もし、不安に思っていることや、疑問などございましたらお気軽にお声をかけてください。

3.インプラント体の埋め入れ

診断した結果を元に手術を行います。ソフト上で診断した位置にインプラントを精度高く埋入できるようサポートする手術支援器具『サージカルガイド』を用いて、安心・安全な手術を実現します。
リスクを軽減した上で適切な位置にインプラントを埋入でき、天然歯の代わりや義歯の土台として、インプラントが持つ機能を最大限引き出すことが可能でなります。

4.保定期間

埋め入れしたインプラントと、顎の骨が結合する期間です。期間は個人差がありますが、3ヶ月から6ヶ月の期間が必要です。なお、その間は仮の歯を装着しますので生活には支障はありません。

5.最後にインプラントに人工の歯を装着して完成です。

アフターケア

どんなに高級で乗り心地の良い車を手に入れても、メンテナンスをしなければ寿命は短くなり、いずれ壊れてしまいます。

インプラントも同様に、定期的なケアが必要です。普段は毎日のブラッシングなどでも衛生管理はできますが、3ヶ月に一度はご来院して頂き、私どもプロのメンテナンスを致します。

いくら頑丈な素材で構成されていたとしても、万能ではありません。定期的なケアで永く使えるように、患者様にもご説明致します。

ページトップへ